症状改善に向けて

整体気功院ハーモニーが症状改善に向けてご案内します。

整体気功院ハーモニー > 症状改善に向けて > パニック障害に対する家族の接し方について

パニック障害に対する家族の接し方について

パニック障害はある日突然発症します。そして、パニック障害を持ってしまうと家に引きこもりがちになったり、人と話そうとしなくなったりしてしまい、家族はどう接すればいいのかわからず悩むケースが多いようです。ここではパニック障害を抱える家族に対して、どのように接すればいいのかをご提案します。

腫れ物扱いしない

いつどんなことで発作を起こすかわからないという不安から、パニック障害を抱える家族に対し、必要以上によそよそしい態度をとったり、腫れ物を扱うような態度をとったりしてはいけません。外の世界が怖くて仕方ない状態になっているので、家の中だけでもリラックスできるよう、いつもと変わらない接し方が望ましいです。ただ、責めたり怒ったりして追い詰めないようにしましょう。

話を聞く

話すことで自分の気持ちを出し、不安から逃れようとしているので、話を聞く時は聞き役に徹します。話を聞いてあげることが、パニック障害で悩む家族の不安や恐怖を和らげることになります。そのため、その話に対する意見を言ったり、それは違うといった態度をとったりしてはいけません。言いたいこともあるかもしれませんが、家族に話をするということはパニック障害を改善するのに良いことなので、話せる環境を作ってあげましょう。

励まさない

パニック障害を抱える家族は毎日不安の中でがんばっています。がんばっている人にがんばれと励ますのは良くありません。言っている側は応援の気持ちでも、本人にはプレッシャーに感じてしまうのです。「大丈夫?」などと心配するのもプレッシャーと感じてしまうので、避けましょう。

病院への通院は付き添う

パニック障害の発作が起きてしまった時は、慌てないようにし、背中をさすったり手を握ったりして安心させてあげましょう。一緒に慌ててしまうとさらに症状が悪化してしまうので気をつけましょう。

発作が起きても慌てない

外の世界はパニック障害を抱える家族にとって、とても怖いものです。行く途中に発作が起きてしまったらどうしようと不安で外に出られないため病院へ通うことができず、なかなか治らないというケースも少なくありません。また、診断結果を一緒に聞くことも大切です。パニック障害を治すには家族の理解が必要となります。

「病は気から」宇宙と人間は一体なのです。詳しくは”こちら

姫路エリアで整体気功の施術を行う当院では、パニック障害にお悩みの方の相談も受け付けております。パニック障害の症状でお悩みの方やそのご家族様は、不安な毎日をお過ごしでしょう。病院からの薬や様々な気功療法を試しても状態に変化が見られずお困りでしたら、ぜひ当院の施術をご体験ください。外出が難しい方や姫路エリア外の方には、遠隔ヒーリングでの施術が可能です。


質問等がありましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。お問い合わせ・ご相談|TEL:0790-22-0090
「気功療法+足裏筋肉の衰え改善療法」。
この組み合わせが、新しい世界を切り開きます。

【住所】兵庫県神崎郡福崎町福田116-1福崎町商工会館4F