症状改善に向けて

整体気功院ハーモニーが症状改善に向けてご案内します。

整体気功院ハーモニー > 症状改善に向けて > 更年期障害が引き起こす病気について

更年期障害が引き起こす病気について

更年期障害になると、めまいやのぼせ、不眠などの症状が現れますが、更年期障害によって女性ホルモンであるエストロゲンが減ってしまうと、他にも様々な病気を引き起こすことがあります。そこでこちらでは、更年期障害によって引き起こされる病気についてご紹介いたします。

高血圧

高血圧は、心臓や血管の病気を引き起こす可能性のある病気です。エストロゲンの分泌量が減少した状態だと、身体は脳の「エストロゲンを出せ」という指令に対応できなくなり、その状態が長く続くと血圧のコントロールが難しくなってしまいます。

骨粗鬆症

エストロゲンは、女性らしい体をつくる他に骨の健康とも深い関わりがあります。骨は、新たな骨をつくる骨芽細胞と古い骨を溶かす破骨細胞の両者の働きによって、新陳代謝を繰り返しています。そして、破骨細胞を減少させて骨芽細胞を増加させる働きをもつのがエストロゲンで、エストロゲンの十分な分泌があれば新しい骨が作られていき、骨の健康を維持することが可能なのです。しかし、エストロゲンの分泌量が減ってしまえば骨は新しくつくられなくなってしまい、骨密度の低下を招いてしまいます。

動脈硬化

動脈硬化は、粥状の物質で血管が詰まってしまう病気です。エストロゲンは動脈硬化の原因となる血中の悪玉コレステロールの増加をおさえて、動脈硬化を予防する働きのある善玉コレステロールの増加をサポートしてくれると考えられています。そのため、更年期になりエストロゲンの分泌が減少してしまうと、悪玉コレステロールが増加してしまい動脈硬化を招くことがあるのです。

「病は気から」宇宙と人間は一体なのです。詳しくは”こちら

該当する症状、病名について詳しくは、左欄(該当病名)をそれぞれクリック願います。
また、「宇宙と人間は一体」を事前に熟読いただき自分のものにしてください。施術時には瞬時に大きな効果(10人中9人に)が得られます。誰もが体内に持つ安全な気エネルギー(気功)では、双方の波動を整えることで他では体験のできない効果が楽しめます。


質問等がありましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。お問い合わせ・ご相談|TEL:0790-22-0090
「気功療法+足裏筋肉の衰え改善療法」。
この組み合わせが、新しい世界を切り開きます。

【住所】兵庫県神崎郡福崎町福田116-1福崎町商工会館4F