症状改善に向けて

整体気功院ハーモニーが症状改善に向けてご案内します。

整体気功院ハーモニー > 症状改善に向けて > 更年期障害の種類

更年期障害の種類

更年期障害

女性特有のものであるとされてきた更年期障害は、最近では男性にも適応する症状があるとして診断・治療が行われるようになってきました。女性の場合は、閉経を迎える前後の期間に、女性ホルモンの分泌が減少し卵巣機能が低下することによって、体に様々な現象が起こります。

個人差はあるものの、40代半ば~50代半ばまでに多く見られます。めまい・頭痛・火照り・異常な汗・のぼせ・肩こり・イライラ・不眠・気力減退など、精神的にも肉体的にも様々な症状が現われるのです。


若年性更年期障害

閉経を迎える年齢ではないにもかかわらず、更年期障害と同じような症状が出てしまうことがあります。更年期障害の特徴でもある卵巣機能の問題はないのですが、視床下部からの指令が上手く届かず、女性ホルモンが作られなくなってしまったことにより、更年期障害と同じような症状が出てしまうことです。

視床下部に影響を及ぼし、その機能を低下させてしまう大きな要因と考えられているのは、ストレスです。若年性更年期障害がある方は、本当の更年期が来たときにより重い症状が出やすいと言われているため、注意が必要です。

男性の更年期障害

女性の場合、生理異常から更年期障害の始まりを自覚することができますが、生理のない男性は「ひどい疲れ」という症状が出るパターンが多く見られます。単なる疲れと思っていても、それが「疲労感」として長期間続く場合には注意が必要です。ビタミン剤や栄養ドリンクを摂取し、体にムチ打って無理をしてしまうと、集中力・記憶力・気力の低下につながり、それが「うつ」となってしまうのです。

首こりによる自律神経の圧迫

当院が警鐘を促しているのは、首のこりからくる自律神経の圧迫です。これが実は、更年期障害と勘違いされがちだと、たくさんの方に知っていただきたいのです。当院では、どのようなご相談にも原因を追究し、整体気功によって体にエネルギーを注入する施術を取り入れています。

必要に応じて、カウンセリングなどさまざまな手法を用いることもあります。解消しない体のお悩み、諦めてしまう前に、ぜひ当院へご相談ください。

質問等がありましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。お問い合わせ・ご相談|TEL:0790-22-0090
「気功療法+足裏筋肉の衰え改善療法」。
この組み合わせが、新しい世界を切り開きます。

【住所】兵庫県神崎郡福崎町福田116-1福崎町商工会館4F