症状改善に向けて

整体気功院ハーモニーが症状改善に向けてご案内します。

整体気功院ハーモニー > 症状改善に向けて > 自律神経を整えるための食事のポイント

自律神経を整えるための食事のポイント

ストレスや更年期障害などの影響で、自律神経失調症になる女性が多くいらっしゃいます。また、自律神経を整えるためには治療に加え、普段の食生活に気を配ることも重要です。良い食生活は体にとってプラスになりますが、不規則な時間にとる食事など悪い食生活は体にとってストレスとなります。そこで、こちらでは、自律神経を整えるための食事のとり方についてご紹介いたします。

きちんと朝食を食べる

忙しいから、朝は食欲がないからといった理由で朝食を抜いている方も多いようですが、朝食には副交感神経を上げたり、血流を良くする大切な働きがあります。人は、起床時には交感神経が優位になっています。そのため、朝食を食べて副交感神経を上げることで自律神経のバランスが整うのです。また、朝食をとると肝臓が活動して血液が全身に巡り、血流が良くなります。

目覚めた直後は体温が低くなっていますので、起きてすぐに食欲がわかないというのは体のメカニズムであり、自然なことなのです。夕飯を早めに食べる、朝少し早く起きてストレッチなどで軽く身体を動かすなど、工夫をして朝食を食べるようにしましょう。

なるべく決まった時間に3食食べる

食事をすると副交感神経が優位になり、食事が吸収されると体温が上がり交感神経が優位になります。バランスのとれた食事をとることも大切ですが、毎日決まった時間に食事をとることで、身体のリズムが整ってきます。一日3食なるべく決まった時間に食べて、自律神経のバランスを整えましょう。また、夕食や朝食の時間を毎日同じ時間にすると、睡眠の時間も自然と整ってきます。そうすると、より体内時計を整えることができるので、自律神経を整えることにも繋がります。

「病は気から」宇宙と人間は一体なのです。詳しくは”こちら

該当する症状、病名について詳しくは、左欄(該当病名)をそれぞれクリック願います。
また、「宇宙と人間は一体」を事前に熟読いただき自分のものにしてください。施術時には瞬時に大きな効果(10人中9人に)が得られます。誰もが体内に持つ安全な気エネルギー(気功)では、双方の波動を整えることで他では体験のできない効果が楽しめます。


質問等がありましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。お問い合わせ・ご相談|TEL:0790-22-0090
「気功療法+足裏筋肉の衰え改善療法」。
この組み合わせが、新しい世界を切り開きます。

【住所】兵庫県神崎郡福崎町福田116-1福崎町商工会館4F